【踏むな】 投稿されたリンクには要注意 【危険】


2ちゃんねるやツイッターなど、不特定多数の利用する掲示板やコミュニティサイトを見ると、多くのリンク(URL)が掲載されています。

そのリンクの中には、掲示板やコミュニティサイトの運営者が掲載したリンクではない、利用者が投稿したリンクがあります。

そのリンク、普通に有益なサイトやブログや掲示板などへのリンクであることもありますが、中には、悪質な罠サイトも存在しますので、利用者が投稿したリンクをクリックするときは十分に注意が必要です。
罠サイトには、主に4種類のものがあります。

スポンサーリンク

一つ目は『ブラクラサイト』です。
ブラクラサイトとは、山のようにウインドウやメーラーを起動させる類のいたずらが仕掛けられている罠サイトです。でも近年、このタイプの罠サイトはパソコンやOSの機能の向上により、さほど(以前ほどは)問題にならなくなってきました。
(とは言っても、ブラクラサイトを開かないに越したことはないですが)


二つ目は、グロ写真や画像を掲載している通称 『グロサイト』 です。
これも普通は精神的なダメージを受けるだけで、実害はそれほど多くはないです。
(しばらく不眠症で眠れずに仕事などに支障をきたしたら大変ですが)


三つ目は、ウイルス罠スクリプトを仕込まれた罠サイトです。
この類の罠サイトにアクセスしてウイルスを仕込まれたり、罠スクリプトを発動されてしまうと、パソコンの中のデータやブラウザに保存されているIDパスワードなどの設定情報を抜き取られたり、パソコンのデータを勝手に書き換えられたりするなどの実害が発生することがあります。


四つ目は、大手のサイトそっくりのフィッシングサイトです。
この類の罠サイトのURLに、大手のサイトとそっくりのものが使われていたりしていると、思わずクリックしてしまう可能性があります。
(一字違い(o を a にする)や、アルファベットを2つにする( i を ii にする)と言う形で、一見すると間違えやすいようなURLが使われてることが多いです )

この類の罠サイトで問題なのは、謝ってログインしてしまうことです。
こうなると、ログインIDやパスワードを盗み取られてしまう可能性があります。


関連商品

F - secure internet security(エフセキュア インターネットセキュリティ)

kaspersky (カスペルスキー)

Mcafee (マカフィー)

Amazonで販売中の セキュリティソフト を見る

KINGSOFT internet security(キングソフト インターネットセキュリティ) を見る


ちなみに、これらの罠サイトは複合型も多いです。
例えば、フィッシングサイトだと思ったら実はウイルスが仕込まれていて、サイトを開いたらウイルスに感染してしまったり、ただのグロサイトだと思ったら実は怪しいスクリプトを起動させられていたとかです。

ですので、ただのフィッシングサイトだからとかただのグロサイトだからと安心せんず、できればリンクをクリックしないほうが無難かもです。

ちなみに、以前問題になった、某王手検索サイトのURLによく似たフィッシングサイトのように、アクセスしただけでパソコンがむごたらしいことになってしまうサイトもありますので、フィッシングサイトっぽいURLだからと言って安心せず、リンクをクリックする際は十分にご注意ください。


でも、そんなことを言っても、掲示板に貼られているURLにどうしてもアクセスしたくなってしまうような一文がついていたり、『ここが○○のサイトだよ』 とか書かれてあって、その下にURLがぺたっと貼り付けられてあると、ついついアクセスしたくなってしまうものです。

と言うわけで、時々見られる解決法に、『他の人がグロ注意とかウイルスが仕込まれていると書かれているものは避け、普通にサイト内容について書かれてあることが確認できるまで待ってからリンクのクリックをする』と言うものがあります。

でも、これは不十分であるかと思います。
何故なら、ネットを閲覧している環境は人それぞれだからです。

例えば、ある人はブラウザのスクリプトの設定をOFFにしてサイトを閲覧していたとします。
すると、スクリプトを利用した罠サイトは動きません。
でも、だからと言ってスクリプトの設定をONにしている人が同じサイトにアクセスしてしまうと、マズイ事態に陥ってしまう可能性があります。

また、ある人は最新の Abobe flash player でサイトを表示したとします。
だからセキュリティの抜けがなく安全であったのに、セキュリティに抜けのある最新でない Abobe flash player でサイトを表示すると、ウイルスに感染してしまう可能性も高くなります。

と言うわけで、他の人が安全に閲覧しているから大丈夫だと思わずに、安全かどうか分からないリンクはクリックしない方が無難かと思います。


スポンサーリンク