【パスワードで保存】 マカフィ金庫(マカフィ File Lock )について

マカフィ金庫とは、 セキュリティソフトのマカフィ の機能の一つで、パスワードで文書を保存してくれる便利な機能です。

マカフィ金庫に保存したいファイルを入れておけば、こちらが一々暗号化しなくても、しっかりとパスワードで保護してくれるので安心です。

スポンサーリンク

Windows7の場合

1. 『 スタートボタン 』 をクリック
2. 『 コンピューター 』 をクリック
3. 『 マカフィ金庫 』 アイコンをクリック

この他、スタートメニューのマカフィフォルダーの中に 『 マカフィFileLock 』 と言うアイコンがあるので、それをクリックすることでもマカフィ金庫を開くことができます。


Windows8 Windows10 の場合

1. 『 スタートボタン 』 の上で右クリック
2. 『 エクスプローラー 』 を選択
3. 『 マカフィ金庫アイコン 』 をクリック


マカフィ金庫の使い方

1. 『 マカフィ金庫のアイコン 』 をダブルクリック
   (クリックの設定によってはシングルクリック)

2. メニューバーの 『 作成 』 アイコンをクリックする

3. 金庫名とパスワードを入力する
『 詳細設定 』 ボタンをクリックすれば、金庫ファイルの保存場所の変更やファイルサイズやドライブ名を変更するためのウインドウが開くので、そのウインドウから設定することができる。

4. 上の方の小さい金庫のアイコンをダブルクリック
   (下の大きい金庫の画像をクリックしても何も反応しない)

5. 『 パスワードの変更 』 をクリックするする

6. パスワードを変更してOKボタンをクリックする


作成済みのマカフィ金庫の設定の変更の仕方

実は、これが結構ややこしい。
最初見た時はよくわからなかった。

一度作成してしまった金庫の変更はほとんどできないようだ。
なので、金庫に何かを設定したい場合は、金庫を作成するときに金庫の設定をしておく方が良い。


1. 『 マカフィ金庫 』 のアイコンをダブルクリック
   (クリックの設定によってはシングルクリック)

2. 上の方の 『 小さい金庫のアイコン 』 をクリックして選択する
   (下の大きい金庫の画像をクリックしても何も反応しない)

3. 操作したいアイコンをクリックする


ロックを解除
→ 金庫を開く

名前の変更
→ 金庫名を変更する

削除
→ 選択した金庫を削除する

パスワード
→ 選択した金庫のパスワードを変更する

詳細設定
→ 外部金庫ファイルのインポート

オプション
→ 金庫をロックする設定


マカフィ金庫が開かなくなった件について

突然、マカフィ金庫(Filelock)が開かなくなったので色々と調べてみた。


金庫の移動とバックアップ


が、どうやら金庫ファイルも設定も大丈夫な様子。
それじゃあと言うわけで、外部金庫ファイルのインポートをやってみた。


1. マカフィ金庫の 『 金庫アイコン 』 の上で右クリック。
  (コンピューター > マカフィー金庫)

2. 『 詳細設定 』 を開く

3. 開かない金庫の金庫名・ファイル名・ドライブ名を指定
  (VaultInfo.xmlに書いてある)

4. インポートする


でもやっぱり金庫を開くことが出来なかった。

その後、再起動しなおしてさらに色々と調べていたが、ひょんなことからウインドウサイズを大きくしてみたら、上の小さい金庫アイコンが出現した。

どうやら、ウインドウサイズによって金庫ファイルが見えなくなってしまうらしい。
(下にはかなり空白があるのに見えなくなる)

こんなことで結構な時間悩んでしまっただけに、拍子抜けの結果になった。
(ウインドウサイズによって上の金庫が消えてしまうなんて、普通は想像だにできない件)


スポンサーリンク