【シャットダウン】 アプリケーションエラーの原因


ある日を境に、私の使用しているパソコン(OS は Windows XP)のシャットダウン時に(必ず出るわけではなく不定期に)、変なエラーが出るようになってしまいました。

エラーの内容は『"***********"の命令が"**********"のメモリを参照しました。メモリが"written"になることはできませんでした。プログラムを終了するには[OK]をクリックしてください』と言うものでした。

スポンサーリンク

そこで、ちょっとそのエラーについて調べてみることにしたのでした。
すると、この類のエラーはメモリのエラーのようで、実際にメモリに何らかの損傷がある場合は、メモリの交換が必要になるようでした。

でも、メモリの交換とかかなりめんどくさかったので、とりあえず本当にメモリの交換が必要なのかどうか知るために、原因についてさらに調べてみました。
するとどうやら、『"***********"の命令が』 の英数字の部分( 0x6280436a )がアプリケーションのことらしいということを知ったのでした。

そこでその英数字を調べてみると、マカフィの公式サイトのアラート・トラブル関連のQ&A のページに,
全く同じエラーを発見。

そこで、そのページを読んでみると、どうやらこのエラーは、Windows XP のPCで発生するマカフィのエラーで、通常はマカフィが更新されると治まるエラーなので(それで不定期発生していたようです)、放置しておいても無問題のようでした。

と言うわけで、メモリの問題でもないようでしたので、ほっと一安心したのでした。
(でもやっぱり、この後も不定期にこのアプリケーションエラーは発生しておりますが・・・。^^;)


スポンサーリンク