【規格】 USBについて

USBは最近あらゆる入出力機器や外部補助記憶装置に使われています。
とにかく便利で手軽なのが特徴です。

外部記憶装置(外付けハードディスク)なんかも、USBがあればコネクターをパソコンにつなげばOKですし、キーボードもマウスもデジカメもUSBで一発で接続OKです。

これは、パソコンに接続してすぐに使えるようになるプラグアンドプレイ機能や、パソコンの電源を入れたままで抜き差しできるホットプラグ機能による便利さです。
この革新的な機能によって、USBは爆発的に普及しました。

スポンサーリンク

【キーボード】 昔の接続法 【マウス】

一昔前の話ですが、キーボードやマウスをパソコンに接続しようとすると、キーボード用のコネクターやマウス用のコネクターに接続しなければ、認識してくれなかったのです。
しかも、これがまた曲者だったのですが、キーボード用のコネクターの形とマウス用のコネクターの形がそっくりだったので、場所移動するのに入力機器を外すたびに、頻繁に間違えておりました。

そこで、電源を入れてから接続を間違えていることに気付き、慌ててパソコンを強制終了。
何せキーボードもマウスも反応しないですので、対処の仕様が無かったわけです。
でも、これがUSBになると事態は一変。

どこのUSBポートに差そうと、ちゃんと認識してくれるのです。
今の時代は、場所移動の為に入出力機器を外しても、間違いが起こりにくいという、かくも便利な世の中です。
(今の若い子は知らないだろうな)

でも、USBポートの数が少ないのが、USBの難点です。
そこで、次のページでは、USBポートを増やす便利アイテムを紹介します。

【数が足りない?】 USB 分配ケーブル


スポンサーリンク