【保存】 USBメモリーでパスワード管理する 【バックアップ】

パスワード管理は大変です。
でも、 外付けHDD にパスワードが書かれたファイルを保存したまま常時外付けHDDをつけっぱなしですと電気代が嵩みますし、セキュリティ的にもあまり好ましくありません。

かと言って、ほとんど利用しないのに高価な外付けHDDを買うのももったいない話です。

また、 パスワード管理ソフト にだけパスワードを保存していると、パソコンのHDDが故障したり、バックアップをとっていないのに再インストールせねばならなくなった時、パスワードが消失してしまう可能性もあります。

スポンサーリンク

そこで便利なのが、 USBメモリー です。
USBメモリーであれば安くで買えますし(安いので、複数個のUSBメモリーにバックアップをとることも可能)、低コストでパスワードを保存できますし、中にはセキュリティ対策のできるものもあります。



ですので、普段はパスワードは パスワード管理ソフトで済まし、パスワードの変更等があれば USBメモリー を接続してパスワード変更をすると、よりセキュリティを向上できるかと思います。

ちなみに、USBメモリーがなかった時代は、一々 CD-R などに保存していました。
または、 MOディスク に保存したり・・・

こんなにコンパクトで取り外しが容易で、中にはパスワード設定もできるものまであるとか、昔のCD-RとかMOディスクの時代からすると夢のようです。

また、容量もUSBメモリが出始めた頃には256MB程度のものだったりして、大きな画像ファイルやPDFファイルなどは複数個保存し辛かったのですが、今では数GBのUSBメモリーが低価格で販売されており、大容量の動画ファイルや画像ファイルなども保存しやすくなりました。

今後はさらに、容量の大きなUSBメモリが販売されてくると思いますので、そのうち外付けHDDの需要は大幅に低下してしまうのかもです。
(ただし、大量の大容量の動画や画像ファイルなどがある場合、USBメモリーでは足りないかと思いますので、外付けHDDの需要は低下しつつも、なくなることはないかとは思いますが…)


スポンサーリンク