【お手軽】 マニュアルモードとAUTOモード 【思い通り】


デジカメ の中には、自動で色々な設定をしつつお手軽に撮影することができる『AUTOモード(AUTO撮影)』と、色々な設定を自分で行う『マニュアルモード(マニュアル撮影)』があります。

AUTOモードもマニュアルモードも両方共全てのデジカメに搭載されていれば良いのですが、デジカメの中には、AUTOモードしかついていないものがありますので、購入には注意が必要です。

スポンサーリンク

AUTOモード

コンパクトデジカメ であれば、だいたいどれでもついている。
お手軽で簡単。


メリット

  • 時間をかけずにサクッと撮影できる
  • 普通の写真をそこそこ普通に撮影できる
    (ある一定以上の暗さや明るさや逆光状態だと、上手く取れないことがある)
  • デジカメのことをよくわかっていなくとも撮影できる

デメリット

  • 思い通りには撮影できない


関連ページ

AUTO撮影とデジカメ

関連商品

Canon の Power Shot

コンパクトデジカメ

一眼レフカメラ


マニュアルモード

コンパクトデジカメ の中には、マニュアルモードでの撮影ができないものもある。
マニュアルモードで撮影したい場合には、通販の商品詳細ページやメーカーのWEBサイトなどをよくチェックした上で、購入すると無難。



メリット

  • 思い通りに撮影できる
  • 商品写真を綺麗に取れるよう工夫できる
  • 風景や夜景などを綺麗に撮影できるよう工夫ができる
  • 明るさ・暗さ・色見・画質など、色々と工夫して撮りたい時に便利
  • 明るすぎ・暗すぎ・逆光など、AUTOモードでは上手く撮れない時に便利

デメリット

  • 設定にはデジカメの基礎知識が必要
  • 出来栄えはピンきり
    (明暗・ブレ・ボケ・彩度など)
  • 設定できる最大のISO値が低い時は、暗いところでの撮影は難しい


関連商品

Canon Power Shot (デジカメ)

三脚

撮影機材

デジカメ


マニュアルモードの設定項目例

しぼり

しぼり(F値)の数値が大きくなればなるほど、暗くなります。
(絞りが強くなると、光が入りにくくため)


シャッタースピード

数値(タイム)が小さくなればなるほど暗くなります。
(シャッターが開いている時間が少ないと、光が入りにくくため)
【デジカメ】 絞りとシャッタースピード機能


ISO値

数値が低くなればなるほど暗くなります。
ISOと写真の出来について


測光方式

設定によって被写体の明暗の具合が変わります。
測光方式の指定について


照明の種類

撮影後の写真が黄色っぽくなったり青っぽくなったりします。
デジカメと光源



ストロボの強さ・ストロボ禁止

ストロボ禁止にすれば、ストロボ発光しません。
ストロボを強くすれば、遠くの被写体までストロボを当てることができます。
ストロボを弱くすれば、近くの被写体をストロボ撮影しても白飛びしにくくなります。
(暗い時は使いにくいですが、薄暗い程度の時は使いやすいです)
ストロボ撮影について


色味

写真の色見を変色させたり、セピア・白黒撮影等ができます。
撮影後に写真編集ソフトで色味の編集をすることもできます。
カラーを変えて撮影する


スポンサーリンク