【明】 ISOと写真の出来について 【暗】

デジカメ で写真撮影をするときには、必ずISOが設定されます。
ISOと言うのは、感度のことです。
デジカメの場合は、光の感度のことです。

光の感度=ISOの値が高ければ高いほど、シャッタースピードや絞り値を変更せずとも、暗い場所でも明るく撮影できます。
(光の感度が良いために、僅かな光でもしっかり反映させることができるため)


 

 


ISOとファイルサイズ

ISOの数値とファイルサイズについても調べてみたのですが、特にこれと言って際立った違いはなかったです。
(ファイルサイズに少々バラつきは出ましたが)

ただし、ローライトモードPower Shot などの Canon のデジカメについている暗い場所でも手ぶれせずに撮影できる高ISO(6400)モード)の場合は、極端にファイルサイズ(容量)や画像サイズ(縦・横)が低くなり、画質も悪化しました)



AUTOモードや各シーン別でデジカメ撮影する時は、このISOの値は自動で設定されます。
マニュアルモードや自分でISOの値を設定できるモードの場合は、自分でISOの値を設定できます。

と言うわけで、自分でISOの設定ができるデジカメを使用するときには、明るい時はISOの値を下げて暗めに撮影し、暗い時にはISOの値を高くして明るめに撮影すると、シャッタースピードや絞りを変更せずとも写真を撮りやすくなります。

スポンサーリンク

【何故?】 ISOの設定で撮影失敗の理由

先程も書いたように、ISOは非常に便利なものなのですが、設定を間違えると撮影に失敗してしてしまいます。



ISOの設定の失敗で起こりがちな失敗

1.明るい部分が白飛びする

ISOの設定を高くしすぎてしまい、明るい部分が潰れて白飛びしてしまう。
(白飛びしてしまっている部分は、写真編集ソフトで加工してもグラデーションは回復しにくいです)


2.暗い部分が潰れる

ISOの設定を低くしすぎてしまい、暗い部分が暗く潰れてしまう。
(黒く潰れてしてしまっている部分は、 写真編集ソフト で加工してもグラデーションが回復しにくいです)



3.明るすぎる写真になってしまう

ISOの設定を高くしすぎてしまい、全体的に明るく、強烈な照明を当てて撮影したかのような写真になってしまう。



4.暗すぎる写真になってしまう

ISOの設定を低くしすぎてしまい、全体的に暗く、照明のない閉めきった部屋で撮影したかのような写真になってしまう。


5.写真がザラザラになってしまう

一応、ISOの値の設定はできるものの、設定するISOの値が高いと撮影後の写真がザラザラになってしまうデジカメがあります。
デジカメによってはこの現象が目立たないデジカメもありますが、設定の上限付近で撮影すると、ザラザラの写真になってしまうデジカメもあります。



関連商品

Canon の Power Shot

コンパクトデジカメ

一眼レフカメラ


ISOの設定を失敗するのを防ぐ方法

このように、失敗すると写真がダメになりやすいISOの設定ですが、失敗を防ぐ方法が幾つかあります。
それは、以下のような方法です。


1.試し撮りしてプレビューして確認する

一度、そのISOの値で試し撮りしてみて、カメラのプレビュー画面でつぶれやすい部分を拡大表示して確認すると、後から白い部分や黒い部分潰れてがっかりというのを減らせます。



カメラのプレビュー画面は小さいですので、こう言う潰れやすい部分は、プレビュー画面で拡大して確認したほうが無難です。
(撮影後に写真の一部だけを拡大表示して確認できるデジカメもあります)



2.どういう時に白く(黒く)つぶれやすいかを覚えておく

白く(暗く)潰れやすいものは似たようなものが多いので、白く(暗く)潰れやすいものはどんなものかを覚えておくと、その部分の失敗を減らせやすくなります。
(白い布地や白いもの、強く影の出ているものや黒いものや色の濃い暗いものなど)


3.絞りやシャッタースピードなども変更してみる

設定値限界までISOの値を上げても(下げても)暗すぎ&明る過ぎになってしまう場合は、絞りやシャッタースピードなどを変更すると改善する場合があります。


4.ザラザラにならずに撮影できる限界のISOの値を知る

ある一定以上のISOの値で撮影すると、写真がガビガビになってしまったり、変なノイズが入ってしまったりするものがあります。
ですので、デジカメを購入したら、まずISOの値をあれこれと弄ってみて、ガビガビになったり変色しない最大ISOの値はどのくらいなのかを確認したほうが無難です。


カメラ選びとISOの値

一般的には、ISOの値が大きく設定できるものは、暗い場所でも撮影しやすいです。
すので、ISOの値が高ければ高いほどカメラの値段が高くなりますが、暗い場所や夜景などをたくさん撮りたい場合は、ISOの値を高く設定できるものを選んだほうが無難です。


スポンサーリンク