【デジカメ】 シャッタースピード実験 【写真で比較】

今持っているデジカメCanon Power Shot )では、シャッタースピードをコントロールできますので、シャッタースピードと写真の状態を比較してみました。

その結果、明るい場所でシャッタースピードを遅くして撮影すると明る過ぎる写真になってしまいますし、室内などの薄暗い場所絵シャッタースピードを早くして撮影すると暗過ぎる写真になってしまいますので、シャッタースピードの調節は大切かと思います。

スポンサーリンク

また、絞り実験ページでも書きましたが、絞りの値を低くすると取り込める光の量が増えて明るい写真になりますし、絞りの値を高くすると取り込める光の量が減って暗い写真になりますので、絞りの値を調節した後で、シャッタースピードで明るさ調節したほうがキレイに写真を撮れるかもです。


あと、三脚ページでも書きましたが、シャッタースピードが遅いと光を多く取り込むことはできますが、手ブレが起きやすくなってしまいますので、シャッタースピードを遅くして撮影するときは、 三脚 を使って撮影するか、 撮影機材 の照明を当てて明るくして撮影するか、日中の明るい時間に撮影した方が良いかもです。

ちなみに、シャッタースピードが遅いと動きのあるものを撮影するとボケたりブレたりしてしまいますので、シャッタースピードを遅くせずに絞り値を高くするか、 撮影機材 の照明を当ててやるか、日中の明るい時に写真撮影した方が良いかと思います。



スポンサーリンク